料理教室のごあんない



七代目 当主又八が、直接ご指導いたします。

食は文化です。和食の文化遺産登録を踏まえて、食育の大切さ・和食の基本を見直すことが料理教室の目的です。
料理は、ひと手間かけて、ちょっとした工夫でおいしくなります。
授業では、だしの取り方・素材の選び方・包丁の使い方・素材の切り方・調理法・味付けの楽しさなど、プロの技を伝授。
料理教室は約2時間です。
料理未経験の方からベテランの主婦の方まで、どなたでもご参加できます。毎回、軽食ですがご用意いたします。

料理教室 6ヶ月6回


ご好評につき2019年4月から、料理教室(全6回)を開講いたします。

■料理教室スケジュール(毎回テキスト付)

 4月9日(火)・5月14日(火)・6月11日(火)・7月2日(火)・7月 30日(火)・9月10日(火)

 ※料理教室は、基本的に毎月第2火曜日(期間内)です。
  ただし、7月のみ2回(第1と第5の火曜日)、8月はお盆の関係でなしとさせていただきます。
 ※予定を変更する場合がございます。ご了承ください。


 昼の部 11:00~13:00 / 夜の部 18:00~20:00
 会費6ヵ月分:30,000円(税込)
 登録料(初回のみ):2,000円(税込)
 著書「和のおかずの教科書」を進呈

  ※欠席での返金はできませんのでご了承ください。

 

 ●1回限りの受講も可能です。
 ●12月から翌年5月までは応用編となります。

七代目 又八 プロフィール


鵜飼 治二 Ukai Haruji


享和元年(1801)創業、懐石・宿「近又」七代目又八、近又オーナーシェフ。

京野菜マイスター。創業当時から大切に受け継がれてきた味と真心を軸にした、
繊細かつ伝統的な味と温かいもてなしには、日本だけでなく海外からのファンも多い。

日本の食文化の原点といえる昆布だし、かつおだしに精通し、「京都の懐石料理」を継承。
さらに食育にも力を注ぐ。

同志社女子大学生活科学部食物栄養学科嘱託講師、京都栄養医療専門学校嘱託講師。

NHK京都放送「京いちにち」にて料理コーナー5年間担当、ベターホーム講師5年間担当。

著書として『京懐石・近又』(光村推古書院)『和のおかずの教科書』(新星出版社)がある。